フリーター就職サイト【20代 未経験から正社員へ就職】 > 面接対策 > 面接で言葉が出ない、詰まる時の対策

面接で言葉が出ない、詰まる時の対策


面接対策、答えに詰まってしまったら

面接中に「言葉が出ない、言葉に詰まること」があります。

上手く話そうとすればするほど、緊張でガチガチになり、面接担当者の質問に答えられなくなるんですよね…。
面接対策
全く緊張しないタイプもいると思いますが、ほとんどの人間が緊張します。特に正社員面接はアルバイトと違って堅苦しい雰囲気だったり、お互いにスーツを着ていたり、緊張する要素が満載です。

私も最初の就職面接で言葉が出なくなりましたし、その後に何度か転職しましたが、そのたび面接に抵抗を感じていましたね。しかし面接を受けて、不採用になったケースは数えるほどしかありません。

面接中に言葉に詰まっても、切り抜ける方法があるからです。その方法を今からお話します。それは…

素直に質問に答えること

です。

『なんだそんなことか…』と思われるかもしれませんし、『それが出来りゃ苦労しないよ』と感じるかもしれません。しかし言葉に詰まる原因の大半が、自分を良く見せようとしているからです。

本来の自分ではなく、理想の自分をイメージして面接に臨んだり、担当者の質問に上手に答えようとして、普段以上の力を意識するから緊張するのです。

もちろん、完全に緊張を無くすことは出来ません。それに緊張がなければ身体が弛緩しますし、ある程度の緊張感は必要になります(スポーツも同じですよね)。

しかし頭が真っ白になるほど緊張するのは逆効果です。そのため、まずはリラックスして面接に臨むことを心がけて下さい。心構えとしては、『素直に質問に答える』という意識ですね。

それは自分の全てをさらけ出すことではありません。自分で感じているプラスの部分を、素直に出すということです。ネガティブな態度や言動までさらけ出す、という意味合いでは無いですよ。

それでも、想定外の質問を受けて言葉が出ないこともあれば、上手く自己PRできず言葉に詰まることもあるでしょう。

面接での質問で、頭が真っ白になってしまったら・・・

私も最初の面接(経営コンサルティング会社)を受けた際、最後に「今から1分間で自分をアピールして下さい」と担当官に言われ、頭の中が真っ白になりました。

全く想定していなかった質問ですし、1分で何を喋ればいいのか…と思ったんですよね。そのとき話した内容は覚えていませんが、必死に自己PRしたことは覚えています。

そのようなシチュエーションでは、もう開き直るしかないんですよね。素直に思っている内容を伝えるしかありません。言葉に詰まったとき、言葉に出ないときは、良い意味で開き直った上で、「自分のポジティブな面を素直に出そう」と心がけて下さいね。

最初から全く言葉が出ないケースもありますが、それは面接を受け続けて、場慣れすれば克服できますよ。

また、当サイトからのご登録も多い、おすすめの就職支援サイトを活用することで、そうした面接対策などもしっかり行う事が出来るでしょう・

ジェイック

ハタラクティブ

こうした就職サイトも活用を検討してみてはいかがでしょうか。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

面接で言葉が出ない、詰まる時の対策:関連ページ

フリーターがよくされる面接の質問について
フリーターが面接でよくされる質問とは フリーターがよくされる面接の質問に以下がありますね。 「今まで就職しなか […]