保育士になるには


保育士になるには、どうしたら良いの?

保育士になるには、保育士試験に合格する必要がありますね。
保育士として働く
受験資格として大卒、短大卒、高卒で保育科卒業などの条件がありますので、まずは試験実施団体で条件面を確認すると良いでしょう。

高卒の場合、平成3年3月31日以前の卒業であれば、保育可を卒業していなくても受験資格があります。ケースバイケースで細かく分かれていますので、受験資格を確認した上で保育士取得講座に申し込むと良いですね。

その場合は保育士取得に強い講座がオススメです。目安として合格率の高さがありますね。その講座の受講生がどのくらい合格しているのか、全国平均を上回っているかどうかをチェックして下さい。

私は元々資格スクールで働いていました。受講相談や教室で教えていましたが、正直なところ、資格試験に合格できるかは本人のやる気次第です。どれほど充実したテキストでも、本人の勉強時間によって合否は左右されます。

それでも、合格者の声が全く掲載されていないスクール(通信教育)は、何かが間違っています。新しいスクールは別ですが、ある程度歴史があるスクールなら、合格者の感想が掲載されていたり、受講生の合格率が公式サイトやパンフレットに載っているものです。

そのようなスクールを利用しながら、日々学習を行うことにより、自然と合格に近付けるのではないでしょうか。たとえば以下の四谷学院は、保育士資格の取得に強いと評判ですね。

四谷学院 保育士講座

公式サイトを見ると、「全科目一発合格」の受講生の声や、受講生の合格率も掲載されていますね。学習プランのアドバイスや就職支援、質問制度も充実していますので、まずは資料請求から行ってみてはどうでしょうか?

尚、より多くの資格スクールを比較検討したい場合は、以下のサイトが便利です。

BrushUP学び 保育士講座一覧

BrushUP学びは、保育士コースがある学校の資料を一括請求できるサイトです。地域指定で検索できますし、気になるスクールのパンフレットを簡単に無料請求できますよ。

前述したように、もし受験資格を満たしていない場合は、専門学校に通う必要があるかもしれません。その場合もBrushUP学びで専門学校の資料請求が可能なので、ぜひ利用してみて下さいね。

フリーターとして働きながら保育士を目指す方も多いですし、保育補助のアルバイト、パートに転職して、実務経験を積みながら保育士を目指すという選択肢もあります。

実際に保育の現場に携わることで、保育士に向いているかどうかも分かりますね。日々子供と接する仕事なので適性はありますが、子供が好きで子供から自然に好かれるタイプなら、保育士を一生涯の仕事に出来るのではないでしょうか。

【関連記事】
保育士に向いている人
女性フリーター 就職サイト


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

保育士になるには:関連ページ

フリーターから保育士を目指したい
フリーターから保育になるには 「フリーターから保育士を目指したい!」と考えているあなたへ。 保育士の仕事は安定 […]