医療事務正社員は難しい?


フリーターから医療事務正社員は難しい?

フリーターから医療事務を目指す女性が多いですね。

一般企業よりも病院の方が福利厚生がしっかりしている、簡単に倒産しないイメージがありませんか?
女性フリーターの就職活動
実際、医療事務の仕事は安定性が高いと言えますし、スキルとキャリアを重ねれば、転職先も豊富と言えるでしょう(医療事務を必要としている病院・クリニックは多いですからね)

しかし最初から正社員を目指しても厳しいと言われています。と言うのも、医療事務は買い手市場なんですよね。1つの求人に対して応募が殺到する傾向にありますし、病院側としても、その中から経験豊富な人材を採用するからです。

それでも最初は誰だって未経験ですから、まずは医療事務の資格を取得して、就職活動を行ってみて下さい。タイミングが良ければすぐに正社員採用の可能性がありますし、それが厳しければ、アルバイトや派遣から初めても良いですね。

アルバイトや派遣でも、全くの未経験者より評価されますし、履歴書・職務経歴書を作成して面接を受け続ければ、やがて正社員採用される日も来ることでしょう。

何事も諦めずに行動し続けることが大切ですし、行動し続ければ、やがて風向きが変わりますよ。

私の知り合いにも医療事務の女性がいましたが、彼女は親戚のコネで入社して、すぐに退職しました。その時の不満は以下ですね。

1.給与、年収が低い
2.女性が多いので人間関係が難しい

給与、年収は病院によって異なりますが、医師や薬剤師、看護師よりも低い収入になると思います。都市部で月給15万円~20万円でしょうか。地方なら10万円台前半の給与も多いと思います(調剤薬局事務も同じくらいです)

ただし他の業界でも、最初から月30万以上の給与を得ることは難しいですよね。上を見れば切りがありませんし、フリーターの時給と比較しつつ、安定性を考慮すると良いでしょう。

正社員は雇用保険、社会保険、厚生年金に恵まれていますし、長く勤務すれば退職金が支給されることもあります。他にもボーナスが支給されたり、正社員だけが利用できる施設があるかもしれません。

そのようなプラスのメリットに目を向けることが大切ですね。

2の人間関係に関しても同様です。医療事務は女性が多いですし、中には人間関係が辛いと感じることもあるでしょう。しかし男性が多ければ多いで、別な問題も生じるのではないでしょうか。

また、就職前から人間関係で悩む必要はありませんよね。女性が多い職場でも、ベテラン社員の性格で雰囲気は変わりますし、ギスギスした職場が全てではありません。

私が以前働いていた会社は、正社員と準社員の溝が大きく、男性女性関係なく2つの派閥が出来ていました。逆に、男女関係なく雰囲気が良い職場もあれば、女性が多くても人間関係がスムーズな職場もあります。

大切なのは、積極的に就活を始めることですね。医療事務の資格取得を考えながら、実際に正社員就職を目指して動いて下さいね。そうすればコネ入社と違って、医療事務の仕事へのモチベーションを高く保てるはずです。

【関連記事】
未経験 医療事務として就職したい
就職に役立つ、需要の高い資格


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

医療事務正社員は難しい?:関連ページ

フリーターから医療事務へ就職、資格はあった方が良い?
未経験から医療事務への就職を目指して フリーターから医療事務の仕事を目指している方も多いと思います。 やっぱり […]