フリーター就職サイト【20代 未経験から正社員へ就職】 > 就活を上手く進める方法 > メモは忘れるために取る!?就活に必須メモのスキル

メモは忘れるために取る!?就活に必須メモのスキル


就活に必須メモのスキル

就職活動の必須スキルメモがありますね。

新卒の就活なら、インターンシップや企業説明会でメモを取る機会があるでしょう。
フリーター就職支援
フリーター、第二新卒、既卒者が民間の就職支援サービスを利用する際も、

・支援サービスのコンサルタントとの面談
・支援サービスが開催している無料説明会

でメモを取る機会があると思います。

説明を聞くだけでは、どうしても忘れてしまいますからね。

自分で手を動かしてメモを取れば忘れにくくなりますし、「忘れてもメモを見れば思い出せる」という大きなメリットがあります。

今はスマホでもメモ機能やアプリがありますし、すでに利用しているかもしれませんが、就活の場面ではメモ帳を持参して下さい。

その理由に『企業面接』がありますね。

企業面接にメモ帳を持参する

基本的に面接の場でメモを取る必要はありません。

面接は会話のやり取りで成立していますから、担当官の言うことを細かくメモしても、逆に会話の妨げになるのです。

しかし「メモ帳が完全に要らない」とは言えないんですよね。

面接の中で『勤務体系』や『労働条件』などの重要な話しが出れば、メモを取る方が良いです。

その辺りは面接の雰囲気や流れ、担当官の雰囲気、空気感によって変わりますが、『メモが必要な場面でメモ帳がない』というのは致命的ですよ。

備えあれば憂いなしという言葉がありますが、面接の備えとしてペンとメモ帳はとても大切です。

「えっ? やっぱりスマホのメモでいいんじゃない?」

と思われるかもしれませんが、ビジネスシーンでスマホは敬遠されます。

将来的には分かりませんが、面接担当官の中には50代、60代の方もいますし、スマートフォンに抵抗を抱く層も多いんですよね。

平均年齢が若く、スマホに抵抗がない業界なら大丈夫かもしれませんが、それでもメモ帳を持参する方が無難です。

そのために日頃からメモ帳を持ち、メモを取る癖を付けると良いですね。

メモのスキルは入社後も役立つ

先ほどお伝えしたように、

・就職支援のコンサルタントとの面談
・就職支援が開催している無料説明会

でメモを取ったり、気になる業界を調べながらメモを取る習慣を付けて下さい。

そのようなメモスキルは就職後も役立ちますからね。

効率よくメモを取ればあとで見返せますし、見返せば仕事内容を思い出すことが可能です。

特に、書いて覚えるタイプや、読んで覚えるタイプの方は、細かくメモを取って見直すと良いですよ。

私も人から聞いただけでは覚えられないタイプなので、入社直後は頻繁にメモを取っていましたね。

メモを取っても忘れてしまうので、お昼休憩でご飯を食べながら見返したり、帰宅後すぐにメモの内容をノートに整理していました。

そうすることで少しずつ仕事を覚え、成長できたことを思い出します。

そのくらいメモスキルはビジネスマン、ビジネスウーマンにとって必須のスキルと言えるでしょう。

メモを取るコツは、要点を素早く記録することですが、使いこなすには慣れが必要です。

そして慣れるには、就職活動の段階から、しっかりメモを取り続けると良いですね。

『メモを取り、あとで見返して内容を思い出す』

その繰り返しでスキルアップしますし、採用後も役立ちますよ。

ぜひメモ帳と共に就活に臨んで下さいね。

【関連記事】
仕事探し 20代
フリーターから中途採用される人の共通点
関西 フリーター就職支援サイト


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

メモは忘れるために取る!?就活に必須メモのスキル:関連ページ

朝が起きれない!朝スッキリ起きるための適切な睡眠時間
朝スッキリ起きるための適切な睡眠時間 朝スッキリ起きれないと、就職しても仕事に支障が生じるかもしれませんね。 […]