フリーター・大学中退 就活の始め方


フリーター・大学中退 就活 やり方

フリーター・大学中退 何から就活を始めたら良い?

大学中退フリーター 就職活動のはじめ方
フリーター・大学中退 就活の始め方について、オススメの就職支援サービスについて掲載しています。

大学中退後、フリーターとして生計を立ててきた方も多いと思います。

それなりに充実しているフリーターの方も、どこかのタイミングで正社員として就職をしないと、という事で「そろそろ正社員になるために就職活動をスタートしたい」という方も多いのではないでしょうか。

大学を中退するときに仕事について悩んだ方もいると思うのですが、確かに「大学中退の経歴は就職には不利」になることがあります。

大学中退後、フリーター期間が長くなってしまっている方は特にしっかりと就活の準備を始める事が重要です。

しかし大学中退後、フリーター生活(ブランク期間)が長くなったとはいえ、まだ20代という方も多いと思います。

20代には20代の就職活動の仕方もあります、30代フリーターには30代としての就職活動の仕方もあります。

20代の就職しやすさを考えると、今は新卒者以外も就職はしやすい状況です。

大卒新卒ほど売り手市場ではないものの、フリーターや既卒、第二新卒も就職は過去と比べてしやすい状況と言えます。

注目される大学中退者 中途採用に積極的な企業も

今は若手人材不足の影響から、大学中退者も注目されており、積極的に中途採用を行っている企業も増えつつあります。

フリーター、大学中退、既卒、ニートの方向けに就職支援サービスを提供している人材紹介会社、ジェイックでは大学中退者向けに特化、セカンドカレッジを立ち上げましたよね。
(20代 大学中退専門の就職支援 大学・大学院中退者が対象)

⇒ ジェイック(JAIC)詳細はこちら

こうした就職支援サービスを利用する事で、社会人未経験、職歴なし、といった状況からであってもそこまで不利さを感じずに、就活をしていく事が出来ます。

大学中退フリーターの就活の始め方としても、求人紹介から企業の詳細な情報提供、日程調整、面接対策など様々なサポートが得られますのでオススメです。

20代の大学中退者の就職をサポート、支援する就職支援サービスは増えてきましたね。

一人で就職活動を行うよりも、高い就職成功率となるのは間違いありませんから、ぜひ活用される事をオススメしています。

大学中退後、就職活動の流れ

就職活動を頑張るフリーター
大学中退後、就職活動の始め方です。

その前に就職活動の流れについて再確認してみたいと思います。

就職から内定までの流れとしては、

求人探し ⇒ 応募 ⇒ 応募書類作成 ⇒ 書類選考 ⇒ 面接(通常、複数回) ⇒ 内定

となります。

就活の期間としては、一般的には1ヶ月~2ヶ月はみておかれると良いです。

注意点としては、大学中退者は中途採用枠への応募となりますので、常にライバルの存在があると考えておく事が必要な点です。

それも異なるキャリア・経歴の求職者がいて、履歴書の比較からされているということです。

そのため、大学中退者は書類選考で落ちる事も多くなりやすいですから、志望動機などはしっかりと書く事が重要です。

大学中退OK、高卒以上可・学歴不問の求人探し

まずは求人を探すことが必要です。

やりたい仕事が特に無い、といった場合でも求人を見ながら業界研究、職種研究をしていく事で、興味のある仕事を見つけていく方法もあります。

求人の探し方としては、

・求人サイト
・ハローワーク

を利用して探す方が多いですね。

今だとスマホを利用して求人サイトで検索、という方が多いでしょう。

ハローワークは地元の求人が多いことも特徴と言えます。
大企業はハローワークを利用して求人は行いませんが、地元の優良企業はハローワークで採用を行う事もあります。

少々面倒さはありますが、大学中退者の情報収集にはハローワークも活用できますね。

また、最近増えているのが大学中退者向けの就職支援サービスを利用する方法です。

大学中退者向けの就職支援サービス

フリーター就職支援サービス
先ほどご紹介しましたが、

⇒ ジェイック(JAIC)

の他にも、

⇒ DYM就職

⇒ 就職Shop

⇒ ハタラクティブ

といった就職支援サービスがあります。

「一人での就職活動は、何からして良いかよく分からなくて・・・」

という方にも手厚いサポートがありますので、オススメです。

それぞれの就職支援サービスで、サポート内容が変わってきますので、自分に合いそうなところを利用するのもポイントです。

応募書類の作成(履歴書・職務経歴書)

応募後、応募書類の作成が必要です。

応募の際に履歴書を送付するケースもありますね。
あらかじめ、履歴書のひな形を作っておくと良いですね。

通常、中途採用に応募する場合には履歴書+職務経歴書のセットとなりますが、大学中退者の場合には履歴書のみでOKとする企業も多いです。

履歴書には「大学中退」を忘れずに必ず書く事が必要です。

また、履歴書を送付する際には、送付状(添え状)が必要となります。
送付状でもアピールする事が出来ますから、忘れずに書いてください。

面接

就職するために最も重要なのが面接です。

大学中退者の面接では、必ず聞かれる質問として、

・大学を中退した理由
・なぜフリーターになったのか
・どうして今、就職しようと思ったのか
・なぜこの会社に応募したのか
・自己PR

といった事を聞かれます。

予想される質問に対しての受け答えは、しっかりと用意しておく事が必要です。

また当然ですが、予想していなかった質問が飛んでくることもあります。
その場合には、嘘をつかず素直に答える事が大切です。

一度、ウソをついてしまうとそれに合わせて他の答えも全て変えないといけなくなるかもしれません。

とても大変です。

分からない事は分からない、と素直に答える事も重要な事です。

面接の前にはしっかりと面接のマナーを学んでおく事も大切です。
身だしなみも整えておきましょう。

第一印象でほとんど決める、という面接官もいるくらいです。

就職支援サービスを利用した場合、応募する企業に合わせて面接対策もしっかり行ってもらえます。

これが非常に大きなメリットといって良いでしょう。

内定

通常、2回~3回の面接を経て内定が出ます。
内定後の入社日、手続き等は、企業の指示に従って進めていきます。

アルバイトを辞める日の調整もしなくてはなりませんね。

入社を決めるまでに少し時間がありますので、その間に口コミサイトなどで企業の評判、実際の社員の口コミなども見ておくとブラック企業を避ける事が出来る場合もあります。

ただし、ネット上の口コミは基本的にはネガティブなものが多いので注意が必要です。

全てを鵜呑みするのではなく、参考程度にしておきたいですね。

大学中退フリーター 就職に成功する重要なポイント

大学中退後、フリーター期間を経ての就職で重要な事は、

入社後、しっかり働いて経験を積む事

です。

入社してから、「思っていた働き方と違いすぎる・・・」と後悔して早期離職、とならないようにしっかりと就職活動中の情報収集をしておく事が必要です。

待遇や福利厚生も気になる所ですが、会社の業務内容、入社後の仕事、キャリアの積み方についても自分なりに考えておく事が必要でしょう。

とはいえ、情報収集をするにも個人では限界があります。

そうした場合には、

大学中退者向けの就職支援サービス

でご紹介したような就職支援サービスを活用する方法が良いでしょう。

求人紹介されるのは、担当者がしっかり取材している企業ばかりです。
入社してからどういった働き方になるのか、職場の雰囲気なども教えてもらう事が出来ます。

情報収集について、非常に役立ちますよ。

一人での就職活動の場合、書類選考に落ちる事も多いと思います。

書類選考無しで面接が受けられる就職支援サービスも増えていますので、短期間での正社員就職を目指す方もぜひ活用してみてください。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

フリーター・大学中退 就活の始め方:関連ページ

大学中退 求人 就職サイト
大学中退者 オススメ就職サイト 大学中退者の就職活動は中途採用扱いとなります。 就職活動を経験した事も無いのに […]