フリーターと税金


フリーターと税金

フリーターの税金についてお伝えします。

年収によって所得税が掛かるんですよね。具体的には年収103万円を超えると所得税が掛かります。
(2014年12月現在)
フリーターの疑問
給与所得控除が65万円、基礎控除が38万円なので、合わせて103万円以上になると税金の対象になるのです。

高校時代や大学時代のバイトと異なり、フリーターでガッツリ働いていると103万円を超えることも多いのではないでしょうか。

税金は源泉徴収として給料から天引きされているケースがあります(明細が手元にあれば確認して下さい)。その場合、確定申告することで控除額を上乗せして、課税対象から逃れられることがありますよ。

詳しくは税務署に聞いてみて下さいね。税務署は敷居が高く感じるかもしれませんが、気軽に相談に乗ってくれますので、利用してみてはどうでしょうか。

所得税以外の税金として住民税もかかりますね。

住民税は居住する自治体によっても異なりますが、年収95万円~100万円程度から掛かると思って下さい。

所得税の年収103万円という条件は扶養とも関わってくるんですよね。扶養控除の適用ラインが年収103万円なので、親の扶養に入っている方は注意して下さいね。
扶養から外れてしまって、びっくり、といった話も聞きます。

税金に関しては拒絶反応をする方も多いのですが、知っているか、知らないかの話ですので。
知っている方が良い事はいうまでもありません。

独り暮らしでアルバイトによって生計を立てている場合は、年収103万円以上稼いでいることが多いと思いますので、その場合は扶養の対象から外れることになるでしょう。

その他にフリーターは国民健康保健、国民年金も支払う必要がありますね。

アルバイト先で社会保険に入っているケースは少ないと思います。もし社会保険に入っていれば厚生年金になりますが、それ以外は国民年金です。

国民年金も収入によって半額免除や全額免除がありますので、年金事務所に問い合わせると良いでしょう。

日本は累進課税ですし、低所得者から多額の税金を取ることはありません。それは社会保険も同じなので、所得に応じて負担額が増えることになりますね。

以上、フリーターの税金についてお伝えしましたが、納税は日本国民の義務なので、しっかり払うようにしましょうね。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

フリーターと税金:関連ページ

ボーナスが欲しい!から正社員就職する
就職してボーナスが欲しい 正社員就職する理由、ボーナスが欲しい! アルバイトは基本的にボーナスの支給がありませ […]
フリーター 所得税いつから?金額、支払いについて
フリーターと税金 所得税について フリーターにも税金はかかります。 正社員よりも手取りが少ないフリーターだから […]
フリーターで確定申告が必要な人って?
フリーターの確定申告 フリーターで確定申告が必要な人ですが、まずは勤務先で源泉徴収、年末調整されているかどうか […]
フリーターで手取り20万円稼ぐって現実的?
アルバイトで手取り20万円 フリーターで手取り20万! フリーターで手取り20万は現実的でしょうか? 時給で考 […]
フリーターの知識として雇用保険、重要です
フリーターにも重要な知識、雇用保険 あなたは雇用保険について、どのくらい知っていますでしょうか? フリーターの […]
フリーターの社会保険
フリーターの社会保険について フリーターの社会保険ってどうなのでしょう。 労働時間によってはアルバイト先の社会 […]
フリーター 親の扶養と社会保険どっちがメリット多いの?
親の扶養と社会保険加入、どっちが良いの? フリーターとして親の扶養と社会保険、どちらのメリットが多いのでしょう […]
就活中のバイトは辞めた方が良い?
就職活動中のバイトについて 就活中のアルバイトは辞めた方が良いのでしょうか? もしアルバイトを続けることにより […]
フリーターは何故お金が貯まらない?
フリーターはお金が貯まらないのは何故? フリーターはお金が貯まらないと言われていますね。 (一般的にです。貯金 […]

トラックバックURL

http://freeterhataraku.net/%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%a8%e7%a8%8e%e9%87%91%e3%80%81%e3%81%8a%e9%87%91/%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%a8%e7%a8%8e%e9%87%91/trackback/