正社員 なれない

正社員になれない

フリーターや契約社員、派遣社員など非正規雇用から正社員になれない、と悩んでいる方も多いのでは、と思います。

紹介予定派遣を利用していたとしても、正社員になれないケースもあります。

一旦、フリーターなど非正規として働き出すと、正社員になるのは難しい。

今後、訪れるであろう不況・不景気によってさらに正社員求人が減り、正社員になりたいのに、正社員になれない・・・といった人が増えることも予想されます。

将来の生活の安定を考えた場合、「一刻も早く非正規の働き方から抜け出して正社員になりたい」そう考える方は多いのではないでしょうか。

フリーター、契約社員、派遣社員など非正規雇用のまま30代を迎えると、さらに就職が難しくなる現実があります。

この記事では正社員になれない、という状況から脱出、正社員就職に成功するためのポイントについて書いています。

非正規から正社員になれない・・・

なかなか内定がもらえない20代

日本には雇用形態がいくつかあります。

契約社員、派遣社員など非正規(フリーターやパートなども含めることが多いです)としての働き方です。

それに、正社員という雇用形態があります。

この中で、最も雇用されるハードルが高いのは正社員です。

生涯賃金も正社員は多いですし、雇用の安定性は高いです。

契約社員や派遣社員は、

「いつまで働けるのだろう・・・?次の契約、更新されるだろうか?」

といった不安が常にあるのではないでしょうか。

フリーターも同様に、経営状況が悪化すればリストラされる可能性が大です。

非正規雇用とは

非正規雇用とは、どういった雇用形態を指すかというと、

  • ・派遣社員
  • ・契約社員
  • ・パートタイマー
  • ・アルバイト

といった働き方をする人となります。

契約社員や派遣社員のように期間を定めた雇用契約で働く場合。
3ヶ月契約、6ヶ月契約が多いですね。

1年契約は珍しいのではないでしょうか。

非正規にはアルバイトやパートとして時給で働く人(フリーター)も含まれます。

今後の就活での注意点にもなりますが、就職活動で内定が貰えた場合、雇用形態を確認しておくことはとても大切です。

ブランク期間が長い方、30代フリーターの方などは就活に苦労することが多いです。
それだけに、選考が思った以上に進みやすく内定が貰えた時には、雇用形態が実は契約社員であったり、ブラック企業であったりする可能性があります。

正社員として採用されたはず、だったのに実は契約社員として採用されていた、というケースもあるようです。

雇用契約書の内容をしっかりと確認することが大切です。

そうはいっても既に非正規で働いている・・・

だからこそ、新卒カードが切れる、最も正社員就職がしやすい時期を逃してはいけない、ということがよく言われます。

でも、既にフリーターなど非正規として働く人達も実際、多いですよね。

いかに非正規を抜けだし、正社員になるか

これから多くの企業が倒産するかもしれません。

世界的な不況も始まっているともいわれ、製造業、観光業、航空業界、飲食業、様々な業界が苦境となっています。

数年は正社員になれない人がさらに増えるかも知れません。

しかし、そうした状況であっても人材採用を行っている企業もありますし、成長する企業もあります。

求人情報をいかに得るかが、今後ますます重要になってくると言って良いでしょう。

複数の求人情報源を利用するとともに、積極的に正社員求人に応募することも大切といえます。

一般的に正社員として就職しやす、と言われる20代でも、不況、不景気の場合には派遣契約の更新がされず、次の派遣先もなかなか決まらない、といったことが起きやすくなります。

無職の可能性があります。

そうした不安定な非正規雇用を抜けだし、正社員として就職、転職したい。

でも、なかなか非正規から正社員になれない。
ずっと就職できないかもしれない・・・と悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

正社員になりたい。

フリーターや契約社員、派遣社員など非正規から正社員になるには、どういった就活の仕方が良いのでしょうか。

非正規から正社員になれない場合

正社員登用ありの契約社員、紹介予定派遣で働き始めたのに、いつまで経っても正社員になれない・・・といった悩みをお持ちの方もいるかもしれません。

その場合、正社員として採用するだけの能力が無いとみなされているか、コミュニケーション能力に疑問を持たれている、など様々な原因が考えられます。

また正社員登用を前提にしていたけれども、働いている間に状況が変わり、経営が悪化、正社員登用をストップしている可能性もあります。

いつまでも非正規雇用として働き続けると、その間に年齢が上がり、他で仕事探しが難しくなってくる可能性があります。

正社員として働くことを目的としているのであれば、思い切って正社員になれない理由を上司に質問してみるのも手です。

曖昧な反応をされた場合や、答えが返ってこなかった場合には、その職場での正社員登用には見切りをつけた方が良いかもしれません。

正社員になれない理由によっては、転職を考えた方が良いかもしれませんね。

就職、転職で特に重要なのは面接対策

企業研究、業界研究をしっかり行うのは前提です。

面接対策を丁寧に行う必要がありますが、そのためにも企業研究、業界研究はしっかりと行う必要があります。

業界他社と比較できるくらいに調べておかないと、

どうして他の会社でなくうちに応募したのですか?

といった面接官からの質問に答えられない可能性があります。

面接対策は、受け答えの内容も大切ですが、声の大きさ、目線、仕草なども含めてチェックすることが重要です。

客観的にアドバイスを貰う必要があります。

友人や身内からは面接対策のアドバイスをもらいにくい、といった方もいると思います。

その場合、次にご紹介するような就職エージェントなどを利用すると、求人の紹介も受けられますし、面接対策のアドバイスも貰うことが出来ます。

20代、30代前半の人が正社員就職を目指す方法

営業職
就職活動の方法、転職活動の方法は年齢や今までの経験によって変わってきます。

フリーターから正社員を目指すのであれば、職歴なし社会人未経験の人を主に就職支援している就職エージェントの活用+求人サイトを利用する方法も良いでしょう。

併用することは問題ありません。

不況や不景気の状況にある場合、より多くの求人情報を得ることはとても重要です。

今、20代、30代前半、というフリーターや派遣社員、契約社員といった非正規で働かれている方は、情報収集に求人サイトも活用されることをおすすめします。

職歴なし、未経験から正社員求人を探すための求人サイト

未経験者歓迎の正社員求人を探すための求人サイトの条件として、求人数が多いことがとても重要です。

求人情報が多く便利なのがリクナビNEXTです。

知名度が高い求人サイトですから、既に登録、利用されている方も多いかもしれません。

⇒ リクナビNEXT【未経験者向け求人】

業界の給与相場を調べる際にも、比較しやすく便利です。

就職エージェントで正社員求人を紹介してもらう

職歴なし社会人未経験のフリーターという方も多いと思います。

また、派遣社員や契約社員といった非正規雇用から正社員になるために、就職活動をスタートしたい、という方も多いでしょう。

応募する企業によっては、派遣社員や契約社員として働いていた職歴も評価してもらえますので、可能であれば、今までの経験を活かせる仕事への転職を目指した方が、正社員にはなりやすいといえます。

未経験業界への就職を目指す場合であったり、社会人となって経験が浅い場合には、次にご紹介するような就職支援サービスを提供している就職エージェントもおすすめです。

⇒ 就職Shop

⇒ ハタラクティブ

⇒ ジェイック

といった就職エージェントなどがあります。

上記の中でもジェイックの就職カレッジは、利用可能な方の年齢が高めで、34歳までで正社員就職を希望される方が利用出来る就職支援サービスとなります。

就職成功のポイントとしては、フリーターや経験が浅い方の場合には、職種を広げて求人を探す、ということが挙げられます。

転職エージェントの活用

派遣社員や契約社員で数年、経験があり業務経験を活かして転職活動をしたい、といった場合には転職エージェントも利用出来る場合があります。

⇒ リクルートエージェント

⇒ DODA

正社員になるための成功のポイント

正社員になれない、といった状況を脱して正社員になるためには、ポイントがいくつかあります。

その中の一つが、職種を広げて求人を探してみる、ということです。

「この職種でしか正社員になりたくない!」

といった仕事探しをすると、エージェントも紹介可能な求人がなくて困ってしまう・・・といったことがよくあります。

そもそも経験の浅い人向け、未経験者向けの正社員求人は少ない、ということを理解しておくことも重要といえます。

その上で、今ある求人の中からより自分に合った働き方ができる会社、ブラック企業を避けて求人を探すことが大切です。

30代後半・40代の非正規からの正社員、就職活動

上記でご紹介したエージェントは、年齢が若い人向けといえます。

30代後半になると、利用できない場合がとても多いのが現状です。

年齢として、就職氷河期にあたる方が非正規雇用で働いている人には多いです。

新卒の頃に正社員就職できず、非正規雇用として働いてきた人が多い年齢層です。

今後の不況、不景気の場合にはそうした就職できない人が中高年になっても非正規雇用で働き続ける・・・といったことが再び起こる可能性があります。

できるだけ、早い時期に正社員になっておくことをおすすめします。

中には、会社が倒産。
仕方なしに無職、フリーター、派遣として生計を立ててきたという方もいらっしゃると思います。

そうした方も、早く正社員になれるように求職活動をされることをおすすめします。

30代後半、40代以降の就職活動の方法は限られています。

・ハローワーク
・求人サイト

での情報収集が主といえるでしょう。

転職エージェントの利用を考えたいところですが、利用できない場合が意外と多いです。

正社員としてのキャリアがあったとしても、離職して年数が経っている場合。

また実績や経験が伴っていない場合には、転職エージェントに登録してもエージェントに会えない可能性が高いです。

「残念ですが今はご紹介できる求人がありません」

といった対応となります。

転職エージェントもビジネスで人材紹介を行っているため、転職成功の確率が低い人材と思われると、会ってもらえません。

全ての人をサポートする、というわけではありません。

そのため、基本的には求人サイトを利用して正社員求人を探して応募することになります。

もしくはハローワークの職業訓練を利用した方が、就職成功率は高いといえるでしょう。

思った以上に、40代以上の方が職業訓練を利用して正社員就職されています。

40代、50代も利用可、東京しごとセンター【ミドルコーナー】

また、東京都であれば、

東京しごとセンター【ミドルコーナー】

という就職支援があり、30~54歳で都内で就職を希望される方が利用できます。

今は新型コロナウイルスの拡大防止措置のためにミドルコーナー説明&見学会の開催が中されています。

再開になりましたら利用を検討されてみてください。
(2020年3月30日時点)

現状では就職活動も色々と影響が出ています。

各社様々な工夫をしてオンライン上で企業説明会、面接などを行う努力をしています。

いつになるかは分かりませんが、いずれは落ち着いて仕事探しが再開できるはずです。

その時のために情報収集を行っているかどうかで、正社員になれる人、正社員に慣れない人の差が出るといえそうです。


記事はお役にたてましたか?

フリーター、ニート、大学中退、既卒、高卒といった主に20代の方の就職について情報を掲載しています。
他にも多数の記事、就職エージェントへの取材記事も掲載しています。
ぜひご覧になってみてください。

正社員になれない・・・正社員になりたい:関連ページ

フリーターがホワイト企業へ入社するには
フリーター ホワイト企業へ就職 フリーターがブラック企業ではなく、ホワイト企業へ就職するには フリーターが就職 […]
就職決まらず卒業、就職支援を利用して正社員就職を目指す
就職決まらず卒業 既卒フリーターの就活 内定がもらえず、就職先が決まらないまま卒業。 大学卒業後に就活するのは […]
短期間でフリーターから正社員就職を決めたい場合
短期間で内定が欲しい!フリーターから正社員就職を決めたい場合 短期間でフリーターから正社員就職を決めたいあなた […]
フリーター就活 タイミングが良い時期は?
フリーター 就活時期はいつが良い? フリーターから正社員就職を目指す場合、いつの時期が就活に良い時期でしょうか […]
フリーターから正社員になるには
フリーターから正社員になるには、どうしたら良いか迷ったら フリーターから正社員になるには、求人サイトを積極的に […]
フリーターから公務員、可能性は?
フリーターから公務員を目指す フリーターから公務員は可能性が高いのでしょうか? 私は以前、資格スクールで相談員 […]
フリーターでも正社員になりやすい職種
フリーターでも正社員になりやすい職種って? フリーターでも正社員になりやすい職種についてお話しますね。 社員未 […]
新卒入社3ヶ月で退職する人って多い?
新卒入社、退職まで期間が短い場合 新卒入社3ヶ月で退職する人って多いのでしょうか? 新卒入社後に退職を考えるタ […]
入社3ヶ月で退職、フリーターから再度就活
新卒入社、その後3ヶ月で退職・・・再度、就職活動 新卒3ヶ月で退職、フリーターから再度就活を考えているあなたへ […]
年明けから本気で就職活動
年明け、区切りの良い所から本気で就職活動 就活を行う際、何かしら区切りがあると動きやすいですね。 25歳や30 […]