正社員募集を見つけるには


正社員就職したい!という時の就職支援サービス

正社員」の響きって魅力的ですよね。

正社員として働くことにより、フリーター時代よりも安定性、将来性、確実性が高くなることは間違いありません。
脱フリーター!就職活動
その分仕事の責任も重くなりますが、評価が給与に反映されて昇給することもあれば、ボーナスが支給されることもあるんですよね。

そんな魅力的な正社員ですが、正社員募集を見つける方法として以下があります。

・ハローワーク
・正社員求人を扱っている求人雑誌
・就活支援サイト

まずハローワークですが、求人数は非常に多いです。北は北海道から南は沖縄まで網羅していますし、求人募集を行う経営者、経営幹部、人事総務の採用担当者にとっても利用しやすい媒体なんですよね。

私も仕事で求人票を書いていましたが、「人を雇う=まずはハローワーク」というイメージを抱いている経営者は未だ多いです。その分、ブラックな企業も含めて、様々な求人案件が揃っているのがハローワークの特徴と言えます。

次に正社員求人を扱う求人雑誌ですが、ハローワークでは見つけられない正社員求人が掲載されていることがあります。

経営者の中には「ハローワークで良い人材がいないから求人雑誌に掲載する」というパターンがありますし、掲載するには費用も発生しますので、会社にとっても本気度の高い募集方法と言えます。

その分、高収入、好条件の魅力的な案件が掲載されていることもありますので、コンビニや書店でチェックしてみて下さい。

そして就活支援サイトですが、当サイトでもこちらのページでご紹介していますので、ご覧になってみて下さい。

中でも未経験フリーターが利用しやすく、人気が高い就職支援サービスとして、ハタラクティブがありますね。内定率の高さに加え、サポートの手厚さがハタラクティブの特徴です。

ハローワークは求人数も豊富ですが、サポート面はほぼ期待できません。その辺りは公共機関と民間企業の違いかもしれませんね。

やはり民間企業の方がサポート力が高いですし、登録者を正社員として入職させることで、就活支援を手掛ける民間企業に報酬が入るケースが多いので、より本気度の高いサポートを受けることが出来ますよ。

逆にデメリットとしては、ハタラクティブには地域制限があること、他の就活支援サービスに関しても、必ずしも正社員求人が見つかるわけではないことが挙げられます。

特に正社員就職へのモチベーションが低かったり、情熱が薄い場合は難しいと言われていますので、「この機会に絶対フリーターから抜け出す!」という強い気持ちと共に就活支援サービスを利用してみて下さい。

インターネットから簡単に無料登録できますので、最初の一歩として就活支援サービスを利用すると良いでしょう。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

正社員で働きたい!正社員募集を見つけるには:関連ページ

フリーターがホワイト企業へ入社するには
フリーターがブラック企業ではなく、ホワイト企業へ就職するには フリーターが就職しやすいのは、ブラック企業。 そ […]
就職決まらず卒業、就職支援を利用して正社員就職を目指す
既卒フリーターの就職活動 就職先が決まらないまま卒業しても、正社員にはなれるでしょう。 あなたの人間性や情熱、 […]
短期間でフリーターから正社員就職を決めたい場合
短期間で内定が欲しい!フリーターから正社員就職を決めたい場合 短期間でフリーターから正社員就職を決めたいあなた […]
フリーター就活 タイミングが良い時期は?
フリーター就活でタイミングが良い時期はいつ? フリーター就活にタイミングは関係あるのでしょうか? やはり正社員 […]
フリーターから正社員になるには
フリーターから正社員になるには、どうしたら良いか迷ったら フリーターから正社員になるには、求人サイトを積極的に […]
フリーターから公務員、可能性は?
フリーターから公務員を目指す フリーターから公務員は可能性が高いのでしょうか? 私は以前、資格スクールで相談員 […]
フリーターでも正社員になりやすい職種
フリーターでも正社員になりやすい職種って? フリーターでも正社員になりやすい職種についてお話しますね。 社員未 […]
新卒入社3ヶ月で退職する人って多い?
新卒入社、退職まで期間が短い場合 新卒入社3ヶ月で退職する人って多いのでしょうか? 新卒入社後に退職を考えるタ […]
新卒3ヶ月で退職、フリーターから再度就活
新卒入社、その後3ヶ月で退職・・・再度、就職活動 新卒3ヶ月で退職、フリーターから再度就活を考えているあなたへ […]
年明けから本気で就職活動
年明け、区切りの良い所から本気で就職活動 就活を行う際、何かしら区切りがあると動きやすいですね。 25歳や30 […]